記事




SURA 88.圧倒的事態章 〔アル・ガーシヤ〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.圧倒的(事態の)消息が,あなたに達したか。


2.(或る者の)顔はその日項垂れ,


3.骨折り疲れ切って,


4.燃えさかる獄火で焼かれ,


5.煮えたぎる泉水を飲まされる。


6.かれらには苦い茨の外に,食物はなく,


399


7.それは栄養にもならず,飢えも癒せない。


8.(外の或る者たちの)顔は,その日歓喜し,


9.かれらは努力して心充ち足り,


10.高い楽園の中に置り,


11.そこで,虚しい(言葉)を聞かない。


12.そこには,流れる泉があり,


13.高く上げられた(位階の)寝床があり,


14.大杯が備えられ,


15.褥は数列に並べられ,


16.敷物が敷きつめられている。


17.かれらは骼駝に就いて,如何に創られたかを考えて・ないのか。


18.また天に就いて,如何に高く掲げられたか,


19.また山々に就いて,如何に据え付けられているか,


20.また大地に就いて,如何に広げられているかを。


21.だからあなたは訓戒しなさい。本当にあなたは一人の訓戒者に外ならない。


22.かれらのための,支配者ではない。


23.だが誰でも,背き去って信仰を拒否するならば,


24.アッラーは最大の懲罰でかれらを罰される。


25.本当にわれの許に,かれらは婦り来るのである。


26.かれらの清算は,本当にわれの任である。


SURA 89 暁章〔アル・ファジュル〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.暁において,


2.10夜において,


3.偶数と奇数において,


4.去り行く夜において(誓う)。


5.本当にこの中には,分別ある者への誓いがあるではないか。


6.あなたはアッラーが,如何にアード(の民)を処分されたかを考えないのか,


400


7.円柱の並び立つイラム(の都)のことを,


8.これに類するものは,その国において造られたことはなかったではないか。


9.また谷間の岩に彫り込んだサムード(の民)や,


10.杭のぬしフィルアゥン(のことを考えないのか)。


11.これらは(凡て),その国において法を越えた者たちで,


12.その地に邪悪を増長させた。


13.それであなたの主は,懲罰の鞭をかれらに浴びせかけられた。


14.本当にあなたの主は監視の塔におられる。


15.さて人間は主が御試・のため,寛大にされ恵・を授けられると,かれは,「主は,わたしに


寛大であられます。」と言う。


16.だがかれを試・,御恵・を減らされる時は,「主はわたしを,軽視なさいます。」と言う。


17.断じていけない。いや,あなたがたは孤児を大切にしない。


18.また貧者を養うために,栗いに励まさない。


19.しかも遺産を取り上げ,強欲を欲しい尽にする。


20.またあなたがたは,法外な愛で財産を愛する。


21.断じていけない。大地が粉々に砕かれる時,


22.主は,列また列の天使(を従え),来臨なされる。


23.また地獄は,その日(目の当たりに)運ばれ,その日人間は反省するであろう。だが反省し


たとて,どうしてかれのためになろうか。


24.かれは,「ああ,わたしの(将来の)生命のために,(善行を)貯えていたならば。」と言


う。


25.それでその日,誰もなし得ない程の懲罰を加えられ,


26.また誰も拘束し得ない程に束縛なされる。


27.(善行を積んだ魂に言われるであろう。)おお,安心,大悟している魂よ,


28.あなたの主に返れ,歓喜し御満悦にあずかって。


29.あなたは,わがしもべの中に入れ。


30.あなたは,わが楽園に入れ。


401


SURA 90.町章 〔アル・バラド〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.われはこの町において誓う。


2.あなたはこの町の(居住権を持つ)住民である。


3.生む者と生まれる者にかけて(誓う)。


4.本当にわれは,人間を労苦するように創った。


5.かれ(人間)は,何ものも,自分を左右する者はないと考えるのか。


6.かれは,「わたしは大変な財産を費した。」と言う。


7.かれは,誰もかれを見ていないと考えるのか。


8.われは,かれのために両目を創ったではないか,


9.また一つの舌と二つの唇を。


10.更に二つの道をかれに示した(ではないか)。


11.だがかれは,険しい道を取ろうとはしない。


12.険しい道が何であるかを,あなたに理解させるものは何か。


13.(それは)奴隷を解放し,


14.または飢餓の日には食物を出して,


15.近い縁者の孤児を,


16.または酷く哀れな貧者を(養うこと)。


17.それから信仰する者になって忍耐のために励ましあい,栗いに親切,温情を尽しあう(こと


である)。


18.これらは右手の仲間である。


19.だがわが印を拒否する者,かれらは左手の仲間である。


20.かれらの上には,業火が覆い被さるであろう。


SURA 91.太陽章 〔アッ・シャムス〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.太陽とその輝きにおいて,


2.それに従う月において,


402


3.(太陽を)輝き現わす昼において,


4.それを覆う夜において,


5.天と,それを打ち建てた御方において,


6.大地と,それを広げた御方において,


7.魂と,それを釣合い秩序付けた御方において,


8.邪悪と信心に就いて,それ(魂)に示唆した御方において(誓う)。


9.本当にそれ(魂)を清める者は成功し,


10.それを汚す者は滅びる。


11.サムード(の民)は,その法外な行いによって(預言者を)嘘付き呼ばわりした。


12.かれらの中の最も邪悪の者が(不信心のため)立ち上がった時,


13.アッラーの使徒(サーリフ)はかれらに,「アッラーの雌骼駝である。それに水を飲ませな


さい。」と言った。


14.だがかれらは,かれを嘘付き者と呼び,その膝の腱を切っ(て不具にし)た。それで主は,


その罪のためにかれらを滅ぼし,平らげられた。


15.かれは,その結果を顧慮されない。


SURA 92.夜章 〔アッ・ライル〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.覆われる夜において,


2.輝く昼において,


3.男女を創造された御方において(誓う)。


4.あなたがたの努力は,本当に多様(な結末)である。


5.それで施しをなし,主を畏れる者,


6.また至善を実証する者には,


7.われは(至福への道を)容易にしよう。


8.だが強欲で,自惚れている者,


9.至善を拒否する者には,


10.われは(苦難への道を)容易にするであろう。


11.かれが滅び去ろうとする時,その富はかれに役立たないであろう。


403


12.本当に導きはわれにあり,


13.来世も現世もわれに属する。


14.それでわれは燃え盛る業火に就いてあなたがたに警告した。


15.最も不幸な者でない限り,誰もそれで焼かれない。


16.それは(真理を)嘘であると言い背き去った者。


17.だが(主のために)忠誠の限りを尽した者は,それから救われ,


18.その富を施し,自分を清める。


19.また誰からも,慈悲の報酬を求めない。


20.一生懸命に至高者,主の御顔を請うだけである。


21.やがて,かれは(十分に)満足出来るであろう。


SURA 93.朝章 〔アッ・ドハー〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.朝(の輝き)において,


2.静寂な夜において(誓う)。


3.主は,あなたを見捨てられず,憎まれた訳でもない。


4.本当に来世(将来)は,あなたにとって現世(現巧)より,もっと良いのである。


5.やがて主はあなたの満足するものを御授けになる。


6.かれは孤児のあなたを見付けられ,祢護なされたではないか。


7.かれはさ迷っていたあなたを見付けて,導きを与え。


8.また貧しいあなたを見付けて,裕福になされたではないか。


9.だから孤児を虐げてはならない。


10.請う者を揆ね付けてはならない。


11.あなたの主の恩恵を宣べ伝えるがいい。


SURA 94.胸を広げる章 〔アッ・シャルフ〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.われは,あなたの胸を広げなかったか。


2.あなたから重荷を降したではないか。


404


3.それは,あなたの背中を押し付けていた。


4.またわれは,あなたの名声を高めたではないか。


5.本当に困難と共に,安楽はあり,


6.本当に困難と共に,安楽はある。


7.それで(当面の務めから)楽になったら,更に労苦して,


8.(只一筋に)あなたの主に傾倒するがいい。


SURA 95.無花果章 〔アッ・ティーン〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.無花果とオリーブにおいて,


2.シナイ山において,


3.また平安なこの町において(誓う)。


4.本当にわれは,人間を最も美しい姿に創った。


5.それからわれは,かれを最も低く下げた。


6.信仰して善行に動しむ者は別である。かれらに対しては果てしない報奨があろう。


7.なぜそれでも,おまえは宗教(真実)を否定するのか。


8.アッラーは,最も優れた審判者ではないか。


SURA 96.凝血章 〔アル・アラク〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.読め,「創造なされる御方,あなたの主の御名において。


2.一凝血から,人間を創られた。」


3.読め,「あなたの主は,最高の尊貴であられ,


4.筆によって(書くことを)教えられた御方。


5.人間に未知なることを教えられた御方である。」


6.いや,人間は本当に法外で,


7.自分で何も足りないところはないと考えている。


8.本当にあなたの主に(凡てのものは)帰されるのである。


9.あなたは,阻止する者を見たか,


405


10.一人のしもべ(ムハンマド)が,礼拝を捧げる時に。


11.あなたは,かれ(阻止する者)が,(正しい道)に導かれていると思うのか。


12.敬神を勧めているか,


13.(真理を)嘘であるとして背を向けたと思うのか。


14.かれは,アッラーが見ておられることを知らないのか。


15.断じてそうではない。もしかれが止ないならば,われは前髪でかれを捕えるであろう,


16.嘘付きで,罪深い前髪を。


17.そしてかれの(救助のために)一味を召集させなさい。


18.われは看守(の天使)を召集するであろう。


19.断じてそうあるべきではない。あなたはかれに従ってはならない。一途にサジダして(主に


)近付け。〔サジダ〕


SURA 97.・いつ章 〔アル・カドル〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.本当にわれは,・いつの夜に,この(クルアーン)を下した。


2.・いつの夜が何であるかを,あなたに理解させるものは何か。


3.・いつの夜は,千月よりも優る。


4.(その夜)天使たちと聖霊は,主の許しのもとに,凡ての神命を(斉?)して下る。


5.暁の明けるまで,(それは)平安である。


SURA 98.明証章 〔アル・バイイナ〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.啓典の民の中(真理を)拒否した者も多神教徒も,かれらに明証が来るまで,(道から)離れ


ようとしなかった。


2.またアッラーからの使徒が,純聖な書巻を,読んで聞かせるまでは。


3.その中には,不滅の正しい記録(掟)がある。


4.啓典を授かっている者たちが,分派したのは,明証がかれらに来てから後のことであった。


5.かれらの命じられたことは,只アッラーに仕え,かれに信心の誠を尽し,純正に服従,帰依し


て,礼拝の務めを守り,定めの喜捨をしなさいと,言うだけのことであった。これこそ真正の教


えである。


406


6.啓典の民の中(真理を)拒否した者も,多神教徒も,地獄の火に(投げ込まれ)て,その中に


永遠に住む。これらは,衆生の中最悪の者である。


7.だが信仰して善行に勤しむ者たち,これらは,衆生の中最善の者である。


8.かれらへの報奨は,主の御許の,川が下を流れる永遠の園である。永遠にその中に住むであろ


う。アッラーはかれらを喜ばれ,かれらもかれに満悦する。それは主を畏れる者(への報奨)で


ある。


SURA 99.地震章 〔アッ・ザルザラ〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.大地が激しく揺れ,


2.大地がその重荷を投げ出し,


3.「かれ(大地)に何事が起ったのか。」と人が言う時。


4.その日(大地は)凡ての消息を語ろう,


5.あなたの主が啓示されたことを。


6.その日,人びとは分別された集団となって(地中から)進・出て,かれらの行ったことが示さ


れるであろう。


7.一微塵の重さでも,善を行った者はそれを見る。


8.一微塵の重さでも,悪を行った者はそれを見る。


SURA 100.進撃する馬章 〔アル・アーディヤート〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.吐く息荒く進撃する(馬)において(誓う)。


2.蹄に火花を散らし,


3.暁に急襲して,


4.砂塵を巻き上げ,


5.(敵の)軍勢の真っ只中に突入する時。


6.本当に人間は,自分の主に対し恩知らずである。


7.それに就き,かれは誠に証人であり,


8.また富を愛することに熱中する。


9.かれは墓の中のものが発き出される時のことを知らないのか。


407


10.また胸の中にあるものが,暴露されるのを。


11.本当に主は,その日,かれらに就いて凡て知っておられる。


SURA 101.恐れ戦く章 〔アル・カーリア〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.恐れ戦く日(最後の審判)


2.恐れ戦く日とは何か。


3.恐れ戦く日が,何であるかをあなたに理解させるものは何か。


4.(それは)人間が飛散する蛾のようになる日。


5.また山々が,梳かれた羊毛のようになる(日である)。


6.それで,かれの秤が(善行で)重い者は,


7.幸福で満ち足りて暮らすであろう。


8.だが秤の軽い者は,


9.奈落が,かれの里であろう。


10.それが何であるかを,あなたに理解させるものは何か。


11.(それは)焦熱(地獄)の火。


SURA 102.蓄積章 〔アッ・タカースル〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.あなたがたは(財産や息子などの)多いことを張り合って,現を抜かす。


2.墓に追い立てられるまでも。


3.いや,やがて(死後)あなたがたは(その真実を)知ろう。


4.もう一度言おうか,いや,やがてあなたがたは知ろう。


5.いや,あなたがたは(今に)はっきり知るとよいのである。


6.あなたがたは必ず獄火を見よう。


7.その時あなたがたはそれを明確に目で見ることであろう。


8.その日あなたがたは,(現を抜かしていた)享楽に就いて,必ず問われるであろう。


SURA 103.時間章 〔アル・アスル〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


408


1.時間にかけて(誓う)。


2.本当に人間は,喪失の中にいる。


3.信仰して善行に勤し・,栗いに真理を勧めあい,また忍耐を勧めあう者たちの外は。


SURA 104.中傷者章 〔アル・フマザ〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.災いなるかな,凡ての悪口を言って中傷する者。


2.財を集めて計算する(のに余念のない)者。


3.本当にその財が,かれを永久に生かすと考えている。


4.断じてそうではない。かれは必ず業火の中に,投げ込まれる。


5.業火が,何であるかをあなたに理解させるものは何か。


6.(それは)ぼうぼうと燃えているアッラーの火,


7.心臓を焼き尽し,


8.かれらの頭上に完全に覆い被さり,


9.(逃れることの出来ない)列柱の中に。


SURA 105.象章 〔アル・フィール〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.あなたの主が,象の仲間に,どう対処なされたか,知らなかったのか。


2.かれは,かれらの計略を壊滅させられたではないか。


3.かれらの上に群れなす数多の鳥を遣わされ,


4.焼き土の礫を投げ付けさせて,


5.食い荒らされた藁屑のようになされた。


SURA 106.クライシュ族章


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.クライシュ族の保護のため,


2.冬と夏のかれらの隊商の保護のため,(そのアッラーの御恵・のために)


3.かれらに,この聖殿の主に仕えさせよ。


409


4.飢えに際しては,かれらに食物を与え,また恐れに際しては,それを除き心を安らかにして下


さる御方に。


SURA 107.慈善章 〔アル・マーウーン〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.あなたは,審判を嘘であるとする者を見たか。


2.かれは,孤児に手荒くする者であり,


3.また貧者に食物を与えることを勧めない者である。


4.災いなるかな,礼拝する者でありながら,


5.自分の礼拝を忽せにする者。


6.(人に)見られるための礼拝をし,


7.慈善を断わる者に。


SURA 108.潤沢章 〔アル・カウサル〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.本当にわれは,あなた(ムハソマド)に潤沢を授けた。


2.さあ,あなたの主に礼拝し,犠牲を棒げなさい。


3.本当にあなたを憎悪する者こそ,(将来の希望を)断たれるであろう。


SURA 109.不信者たち章 〔アル・カーフィルーン〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.言ってやるがいい。「おお不信者たちよ,


2.わたしは,あなたがたが崇めるものを崇めない。


3.あなたがたは,わたしが崇めるものを,崇める者たちではない。


4.わたしは,あなたがたが崇めてきたものの,崇拝者ではない。


5.あなたがたは,わたしが崇めてきたものの,崇拝者ではない。


6.あなたがたには,あなたがたの宗教があり,わたしには,わたしの宗教があるのである。」


SURA 110.援助章 〔アン・ナスル〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


410


1.アッラーの援助と勝利が来て,


2.人びとが群れをなしてアッラーの教え(イスラーム)に入るのを見たら,


3.あなたの主の栄光を誉め称え,また御赦しを請え。本当にかれは,度々赦される御方である。


SURA 111.棕櫚章 〔アル・マサド〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.アブー・ラハブの両手は滅び,かれも滅びてしまえ。


2.かれの富も儲けた金も,かれのために役立ちはしない。


3.やがてかれは,燃え盛る炎の業火の中で焼かれよう。


4.かれの妻はその薪を運ぶ,


5.首に棕櫚の荒縄かけて。


SURA 112.純正章 〔アル・イフラース〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.言え,「かれはアッラー,唯一なる御方であられる。


2.アッラーは,自存され,


3.御産・なさらないし,御産れになられたのではない,


4.かれに比べ得る,何ものもない。」


SURA 113.黎明章 〔アル・ファラク〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.言え,「梨明の主にご加護を乞い願う。


2.かれが創られるものの悪(災難)から,


3.深まる夜の闇の悪(危害)から,


4.結び目に息を吹きかける(妖術使いの)女たちの悪から,


5.また,嫉妬する者の嫉妬の悪(災厄)から。」


SURA 114.人々章 〔アン・ナース〕


慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。


1.言え,「ご加護を乞い願う,人間の主,


411


2.人間の王,


3.人間の神に。


4.こっそりと忍び込・,囁く者の悪から。


5.それが人間の胸に囁きかける,


6.ジン(幽精)であろうと,人間であろうと。」



最近の投稿

イスラームにおける 世界の開端と終焉 5 ...

イスラームにおける 世界の開端と終焉 5

イスラームにおける 世界の開端と終焉 4 ...

イスラームにおける 世界の開端と終焉 4

イスラームにおける 世界の開端と終焉 3 ...

イスラームにおける 世界の開端と終焉 3

イスラームにおける 世界の開端と終焉 2 ...

イスラームにおける 世界の開端と終焉 2